スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
南海道放浪記 その2
 休憩した後、山を降りて、ふたたび自転車に乗車。

水分補給は過剰気味でいきます。



長尾街道と新川の交差点から
わき道にそれて西へ。
ここが南海道と推定されている道(たぶん)です。

しばらく行くと川(非常に分かりにくい!)
に沿います。




ここは雄雌堤(おんめんつつま)といい、
片方の堤防をわざと低くすることで、高いほうの土地を守る
というもの。

つまりはそっちが良い土地というわけ。
この場合は農学部のほう。

ちなみに新川にもあります。


やはり直線で、気持ち良い。



これ、授業で教えてもらったんですが、
白線が引かれていてきれいなほうが三木町。
こっち側の汚い(失礼)方が高松市だそうです。

・・・・まあ、行政施策の違いといいますか・・・。



ともかくそのまま直進するように白道を爆走。
12号とそる形で、一直線に目印の
「伽藍山」と「六ツ目山」の間を目指します。


仏生山を抜け、高速と合流する地点へ。

高速の上を通ってみました。



向こうが伽藍山。
岩山みたいです。

・・どうやら道間違えたっぽいですが気にせず・・。


超えると国分寺です。

ここからはまったく南海道か側道か判別できないですが、
途中、天照大神の碑石があったのであってることにしよう。
なんとなく。


変な道を行ったりして、府中へ。
ゴール間近。

名前のとおり、ここに讃岐国府があったわけですね。



「見つけにくい」という前評判どおり、
見つからん。

府中駅の案内板を参考にやっと発見。


田んぼのど真ん中にありました。

かかった時間3時間半ぐらい。
しんど。

なんとなく、歴史に触れたポタリングでした。






カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | -
南海道放浪記 その1
 先日、日本史学の授業で習った
「南海道」を自転車で沿って走ってみよう!
という企画を一人でしました。


南海道とは、その昔、近畿から四国にまたがる、
国府(県庁みたいな)を迅速に行き来できるように作られた幹線道路のこと。

これを中心に周辺の区画整備がなされたわけですよ。



というわけでTRY!



出発は香川大学農学部付近にある「白山」。

標高は200メートルくらいの小さい山です。



町の真ん中にある感じ。

早速のぼります。
この日はやたら暑く、日射病寸前でした。



わりと整備されてます。
傾斜きつい。


15分ぐらいで頂上へ。
登山記録があり、頻繁に人が登ってきてるみたいです。
今回も頂上に2人上ってきました。



なかなか・・・・。


町がゴミのようだ!


ちなみに今から向こうの山の間の峠に向かっていきます。
昔の人もそうやって道を決めたそうな。(見通し法と呼ぶ)


ふもとでは市民プール的なものがあって気持ちよさげ・・・。
飛び込みてえ!
カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | -
部活!
 なかば強引に誘われたのもあって、
久しぶりに部活に出てみました。


気づけばほぼ半年ぶりですね。


今回は大漁で
OBが5人もいました

話を聞くと、最近やたら多いそうです。
ひまな・・もとい、アツイやつが多い証拠ですな。


久しぶりの峰山。
最近は速さ順にグループを分けて
スタートしてるっぽいです。

なかなかアツイ!

私は6分40秒か41秒でした。
運動不足のわりに健闘かと。


ふー。死にました・・。


カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0) | -
春の陣
現役生は「KUCC春の陣」
五色台にのぼります

新入生ははじめてっすね
自分らは応援に徹します


→のっちゃんの愛車で五色台へ


今日はとってもいい天気なので
気持ちいいです
・・まあチャリで登る人は
とっても暑いでしょうね

さて一番は・・
サポートのシュピです
当然か・・


もとい一番は栄吉です
仁保が最後尾につくので
チャンスとばかりにきました

まあ2回生がはやくなったこと!

1回生もがんばって登ってました
ファイ!




終わって
記念写真ですね
まず現役


ついでに4回!!


ギ○ュー特戦隊!!
きまった
なんかエクスタシー・・笑

カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 16:08 | comments(2) | trackbacks(0) | -
レインダンサー
090516_0943~01.JPG
現役生は新歓合宿
もといサイクルステイ!


見送り行ったらコース説明してました



ついで恒例になりました
逍遥歌!

客観的に見るの初めてっすね
懐かしいこの異様な光景(笑)
ラクロス部が見つめてました




今日は雨らしいです
青の山までは降らんといてほしいもんです


えーし!晴れ男になるんだ!!




徳島いくフネが来てました
実はシュピ氏と
「朝乗り込んで米炊き作戦」
するらしかったのですが

“恒例のイベント”が発生したらしく
実現できなかったみたいです…


自走ガンバ!




自分はというと
これから大阪へ遊び…
もとい試験受けにいきます

まあ捨て牌みたいなもんだから気楽にネ



友達が学祭らしいので
ついでに行こうかと…


今頃って




あーあ
また雨降ってきた



カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 12:31 | comments(0) | trackbacks(0) | -
男の勲章
今日の戦績…




【切り傷】
右薬指
(安全剃刀で切る…安全なのに…)



【擦り傷】
左肘、右膝、手の平
(チャリのチェーンが外れた拍子にこける…必死に頭をカバーした結果…)



【打撲(軽度)】
左肘、両膝、足首、左脚ツケネ
(同上)




結果、体中怪我…






カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 23:31 | comments(3) | trackbacks(0) | -
病み上がり決死戦4
下りは楽という思い込みは
死を招く


傾斜が急で
道が狭く
カーブも急角度で
ガードレールもない道

おまけに凍えそうな寒さ


曲がりきれなかったら
一貫のおわり・・


ニワ氏が後ろで悲鳴をあげてる




なんとか塩江の近辺まで帰還

でも後の2人が降りてこない
で電話したら
・・パンクしたそうだ




雨がパラパラ降る中
何十分か待機

なかなか降りてこない

また電話
・・2人目パンク

治った瞬間
やっちまったらしい

もう辛抱たまらなくなり
道の駅へ

あったかスープまじうま




結構待ってやっと合流
のほほんと過ごした後
「香南楽湯」に向かうことに



10数キロを爆走する
馬鹿が何人か

ついていけるか〜〜〜!!



2年ぶりの湯

生き返る・・




お腹がすいたので
「バイキング高松」
で食べようと探したが

・・あれ?・・ない・・

さら地になってた




しかたなく近所の焼肉屋へ行くと
豚限定食べ放題990円(?)
のうれしい看板が

当然のようにご飯・スープ・キムチも
食べ放題

熱い!


ビールも飲んで
失ったカロリーを補充




ありえんほど食べたあと
家もばらばらなので解散

シュピ氏は農学で
菌たちと戯れるそうだ



おもえば充実した1日だった
今回痛烈におもったことは

・・鍛えなければならない!
ツアーにいくにしても
体力に裏打ちされないと
今回みたいなことになる

後輩にも負けられん



いろいろ決意し
また日常へと帰っていく
病み上がりだった










カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | -
病み上がり決死戦3
とりあえず先に進むことにして
天満ヶ原頂上に向けて出発



ディレイラーの調子が悪かったりしつつ
これもまた死ぬ気でこいだ

前ももがピクピクしてら



なんとか到着
090426_1348~01.JPG
寒いので大滝山にむかうか
引き返すか悩んだ結果
大滝山に向かうことに決定

・・筆者複雑な心境



そんなに遠くなかったので
すぐに到着

人が妙にたくさんいるので
「餅まき違う?」って
冗談交じりでいってたら
本当に餅まきだった


30分早ければおこぼれに預かったのに・・


しかたないから境内のほうへいくと
屋台も数店
軒を連ねていた


・・太鼓焼きをおごってもらった
まさかの2つ
本当にありがとうございます



奥のほうに山道があったので
突入
そこは聖域で
大勢のお地蔵さんに囲まれながら
進むと

という看板があちこちに


知らない間に
徳島まできましたか・・



時間もあれなので
そろそろ下山へ



つづく






カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 11:33 | comments(0) | trackbacks(0) | -
病み上がり決死戦2
天気予報はくもり
しかし
すでに雨がふっていた



ものすごく荒れた天気の中
空港通りを南へ



なんとか雨は止んでいたが
4月も終わりとは思えない肌寒さである



途中のスーパーで昼飯を買い出して
自転車道を通って塩江に向かった



今回はみちの駅を素通りし
県道7号から大滝山方面へ



シュピ氏が見つけだした
地図に載ってない道
(農道っぽい…)
から天満が原に登る




登りはじめたのはいいが先日の怪我と風邪で衰えた
自分の脚にはこの坂はきついなんてものではない


後輩にも遅れをとり
惨めな思いが脳髄に充満していたのだが
この後の筆者の生活の変化については
後日談としておこう



何度もサドルから降りる屈辱に耐えつつも
ようやく絶景ポイントへ到着


マジ死にそうだ






つづく


カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | -
外伝
090428_1913~01.JPG
夕方
何を血迷ったか

峰山に登ってきました




気づくのが遅かったんですが
そういや今日は
現役はトレの日じゃありませんか




集団が墓場んとこに固まってました



…ちょっとハズい…




ひさぶりなんで
かなりキツイ…



なんで登ることにしたかは
連載中の「病み上がり決死戦」を参考に




いつも見た景色
なかなか見ることはなくなるけど
初めて見た感動はわすれんやろね




うぅ、肺いたい…



カテゴリ:自転車に乗ろう☆ | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | -
| 1/2PAGES | >>